«

»

12月 02

spritestudio + unity で当たり判定

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - spritestudio + unity で当たり判定
[`google_buzz` not found]

まずはSSで簡単なアニメーションを作りパーツに当たり判定をつけます。
unityに持っていった時に利用可能なのは
・なし
・四角形
・円形(スケール影響なし)
だけなのでご注意を今回は四角を選択します。
当たり判定のパーツの参照セルには半透明な画像など割り当てておくと
unity上で目視で確認が出来るので楽です。
ss


作成したSSのデータをunityにインポート
方法は下記URLを参考に

Unityにアニメーションを表示する


gameobject-> 2dobject-> sprite 白い玉の2Dオブジェクトを追加
コイツをSSで作ったアニメーションに接触させます。
さらcolliderのComponentを追加
unity2


SSで作ったアニメーションのinspectorのisTriggerにチェックを入れる。
unity1


Viewにスクリプト(View.cs)を追加します。
内容は下記

using UnityEngine;
using System.Collections;
 
public class View : MonoBehaviour
{
    GameObject Ball;
    GameObject anim;
    // Use this for initialization
    void Start()
    {
        Ball = GameObject.Find("Ball");
        anim = GameObject.Find("anim");
        anim.GetComponent<Script_SpriteStudio_Root>().FunctionColliderEnter = OnColliderEnter;
    }
 
 
    void OnColliderEnter(Script_SpriteStudio_Root InstanceRoot,string PartsName,int PartsID,Collider Self,Collider Pair)
    {
        //接触したパーツの名前をログに出す
        Debug.Log(PartsName);
    }
 
    // Update is called once per frame
 
    void Update()
    {
        //キー入力があったら白い玉を動かす
        Vector3 before = Ball.gameObject.transform.localPosition;
        int add = 10;
        if (Input.GetKey("a"))
        {
            before.x = before.x - add;
        }
        if (Input.GetKey("d"))
        {
            before.x = before.x + add;
        }
        if (Input.GetKey("w"))
        {
            before.y = before.y + add;
        }
        if (Input.GetKey("s"))
        {
            before.y = before.y - add;
        }
 
        Ball.gameObject.transform.localPosition = before;
    }
}

そして実行
青色の当たり判定に白玉が接触すると左にログが出てます。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>