«

»

1月 02

as3で表示オブジェクト専用テーブル

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - as3で表示オブジェクト専用テーブル
[`google_buzz` not found]

【サンプル】
サンプルでは緑とピンクの表示オブジェクトをテーブルに配置してます。
ドラッグ&ドロップで移動入れ替えが可能です。
クリックと移動を行った際に対象のセル座標を表示してます。

This movie requires Flash Player 9

DisplayObjectTableクラスのDLはこちら

使用例

package 
{
	import flash.display.DisplayObject;
	import flash.display.Sprite;
	import flash.events.Event;
	import flash.text.TextField;
	import flash.text.TextFieldAutoSize;
	import org.highangle.ui.DisplayObjectTable.*;

	public class Main extends Sprite 
	{
		
		public function Main():void 
		{
			if (stage) init();
			else addEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, init);
		}
		
		private function init(e:Event = null):void 
		{
			removeEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, init);
			// entry point

			//テーブルに配置するオブジェクトを生成
			var test:Sprite = new Sprite();
			test.graphics.beginFill(0xff8888, 0.5);
			test.graphics.drawRect(0, 0, 500, 400);
			test.graphics.endFill();

			var test2:Sprite = new Sprite();
			test2.graphics.beginFill(0x88ff88, 0.5);
			test2.graphics.drawRect(0, 0, 500, 400);
			test2.graphics.endFill();
			
			//テーブルオブジェクトの生成
			var t:DisplayObjectTable = new DisplayObjectTable(4, 3, 80, 80);
			addChild(t);
			
			//テーブルに配置する
			t.add(0, 0, test);
			t.add(0, 1, test2);
			
			//以下イベントメッセージの表示など
			var tf:TextField = new TextField();
			tf.autoSize = TextFieldAutoSize.LEFT;
			addChild(tf);
			
			//クリックされたとき
			t.addEventListener(Event.SELECT, function():void 
			{ 
				tf.text = 'selected at ' + t.selected;
			} );
			
			//ドラッグで移動したとき
			t.addEventListener(Event.CHANGE, function():void 
			{ 
				tf.text = 'replaced from ' + t.selected;
				tf.text += '\nreplaced to '+ t.destination;
			} );
			
		}
	}
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>